セルロースファイバー断熱材、雨漏り工事、住宅の部分改修からリフォームまでご相談やご質問等お気軽にお問合せください!

〒583-0844 大阪府羽曳野市壺井108-1

tel.0120-135-194

営業時間 09:00〜18:00/日祝休

メールでのお問合せはこちら

雨漏り検診技術開発研究所(アマケン)の特許技術を採用し原因を特定!

雨漏れの原因が特定できないままの修補工事を
何度もしていませんか?

弊社では、原因を特定できていないままの修補工事は進めません!
原因を分からず工事はするな!がモットーです。

このような症状は要注意です!

建付けのズレや接着部位の劣化

結合部分などの建付け部分にズレ(隙間など)があったり、玄関や窓などのゴムに似た接着素材などで雨漏りになります。

屋根や外壁のヒビ

屋根や外壁にヒビが入り、そこから雨水が侵入し雨漏りになります。

屋根材などのズレ

瓦などの屋根材にズレが生じるとそこから雨水が侵入し雨漏りになります。

モルタルの亀裂

モルタルの亀裂部分により雨水が侵入し、木造、躯体に被害を及ぼします。

土台の裏から出ている水跡は
雨漏りです

このような症状の場合は、構造体の中を雨水が流れてきている証です。腐食等に注意が必要です。

膨れや破れは雨漏りの原因です

10年を過ぎると劣化が始まり、適切なメンテナンスが必要になります。

雨漏り工事の流れ

社団法人雨漏り技術開発研究所認定

雨漏り検診士が駆けつけます!

弊社では「雨漏り検診士」が雨漏りの要因箇所を見つけてから、
その部分の適切な修補工事を提案致します。

雨漏り調査(現地の現状調査)

アマケンの雨漏り検診技術(特許技術)で原因を特定していきます。

ご報告とご提案

お客様のご要望や予算に合った最善のプランをご提案いたします。

工事完了

工事が終了後、お客様に最終確認をしていただき完了となります。

Copyright © 有限会社翔栄 All rights reserved.